logo 小川和久

イメージ
講師名 小川和久(オガワカズヒサ)
肩書き 国際政治・軍事アナリスト、NPO法人・国際変動研究所理事長、静岡県立大学特任教授
生 年 昭和20年
出身地 熊本県
講演ジャンル 政治、経済、国際情勢、危機管理
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「激動する国際情勢と日本の安全保障」 「日本は国境を守れるか」 「日本が領土問題を解決する条件」 「国際水準から見た日本の危機管理」 「国際水準から見た日本の安全保障」 「日本の平和と繁栄の条件」 「テロ・災害・事故にどう立ち向かうか」 「北朝鮮の軍事的動向と日本の安全保障」 「中国の軍事的動向と日本の安全保障」 「普天間基地問題と日本の安全保障」 「日本の戦争力VS北朝鮮、中国」 ほか,タイムリーなテーマを設定できます。

◎経 歴

1945年12月、熊本県生まれ。 陸上自衛隊生徒教育隊・航空学校修了。同志社大学神学部中退。地方新聞記者、週 刊誌記者などを経て、日本初の軍事アナリストとして独立。 外交・安全保障・危機管理(防災、テロ対策、重要インフラ 防護など)の分野で政府の政策立案に関わり、国家安全保障に関する官邸機能強化会議議員、日本紛争予防センタ ー理事、総務相消防庁消防審議会委員、内閣官房危機管理研究会主査などを歴任。 小渕内閣ではドクターヘリの実 現に中心的な役割を果たした。電力、電話、金融など重要インフラ産業のセキュリティ(コンピュータ・ネットワーク)でも コンサルタントとして活動。現在, NPO法人・国際変動研究所理事長。

◎小川和久の著書

『この一冊ですべてがわかる普天間問題』 『14歳からのリアル防衛論』 『陸上自衛隊の素顔』 『日本の戦争と平和』 『日本の「戦争力」VS中国、北朝鮮』 『日本の「戦争力」』 『日本は「国境」を守れるか』 『危機と戦うーーテロ・災害・戦争にどう立ち向かうか』     など著書多数
※その他(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:おもてなし~食~

  • 田崎真也

    ソムリエ

    「食を愉しむ、人生を愉しむ」「ソムリエのひらめき」

  • 藤本智子

    株式会社ミソド代表取締役、ミソガール、『月刊 ジャパン味噌プレス』編集長、みそソムリエ

    「365日味噌活のススメ」

  • ベリッシモ・フランチェスコ

    料理研究家

    「ベリッシモ的な人生の楽しみ方」「ベリッシモ的な食育プログラム」

  • 葉石かおり

    エッセイスト、きき酒師、焼酎アドバイザー

    「日本酒と料理の極上マリアージュ」「おひとりさまマーケット」