logo 秋野暢子

イメージ
講師名 秋野暢子(アキノヨウコ)
肩書き 女優
生 年 昭和32年
出身地 大阪府
講演ジャンル 健康、美容、ライフスタイル
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「美しく健康に生きる」 「生き生きと素直に生きる」 「キレイに痩せる~カラダとココロのムダをそぎ落とす~」

◎経 歴

大阪ミナミの呉服屋の末娘として生まれる。小学校の学芸会でエンピツの役をもらい初舞台(?)を踏む。この事がきっかけになり演劇の道に進む。中学・高校と演劇部在籍。 1974年NHK銀河テレビ小説「おおさか・三月(みつき)・三年(さんねん)」にウェイトレス役でデビュー。1975年NHK朝のテレビ小説「おはようさん」の主役・殿村鮎子役に抜擢され、元気いっぱいの演技に吉永小百合の再来と騒がれる。翌年より本格的に女優活動を開始。TBSドラマ「赤い運命」で山口百恵と共演する。 1980年よりバラエティーショー「秋野暢子のTVキャングラフティ」や、ヘラルド映画「片翼だけの天使」で”キネマ旬報主演女優賞を受賞、CD発売、ダイエット本発売と多方面に活躍の場を広げる。90年代に入り、映画、テレビ、雑誌などで活躍する一方、1993年12月に長女・夏子を出産。その後、イベントや講演会の出演、絵本の出版やダイエットビデオの発売、TVバラエティー番組に積極的に出演するなど、女優業だけにとどまらずマルチに才能を開花させている。

◎秋野暢子の著書

「秋野暢子の決定版 キレイにやせる本」(学研) 「たるまない女。になる」(青春出版社) 「スーパースマイルダイエット」(三栄書房) 「走ってみたい」と思っちゃう本(ベストセラーズ)
※ランクC(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:人権について考える

  • 角田信朗

    正道会館空手 最高師範、K-1競技統括プロデューサー

    いじめを受け初めて、男としての「強さ」に目覚める

  • 坂本冬休み

    歌手、ものまね芸人

    「いじめから人生大転換、ものまね芸人への道~しっかりと貫いてきたこと~」

  • アグネス・チャン

    歌手、エッセイスト、教育学博士

    「21世紀を担う子供を育てる~心を豊かにする教育とは~」

  • 吉村和真

    京都精華大学 マンガ学部 学部長 教授

    「差別と向き合うマンガたち ~メガネ男子や大食漢がヒーローになれないのは、なぜ?~」