logo 秋野暢子

イメージ
講師名 秋野暢子(アキノヨウコ)
肩書き 女優
生 年 1957年
出身地 大阪府
講演ジャンル 健康、美容、ライフスタイル
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

◆「美しく健康に生きる」 ◆「生き生きと素直に生きる」 ◆「キレイに痩せる~カラダとココロのムダをそぎ落とす~」

◎経 歴

大阪ミナミの呉服屋の末娘として生まれる。小学校の学芸会でエンピツの役を もらい初舞台を踏む。この事がきっかけになり演劇の道に進む。中学・高校と演劇部在籍。 1974年NHK銀河テレビ小説「おおさか・三月(みつき)・三年(さんねん)」に ウェイトレス役でデビュー。1975年NHK朝のテレビ小説「おはようさん」の 主役・殿村鮎子役に抜擢され、元気いっぱいの演技に吉永小百合の再来と騒がれる。 翌年より本格的に女優活動を開始。TBSドラマ「赤い運命」で山口百恵と共演する。 1980年よりバラエティーショー「秋野暢子のTVキャングラフティ」や、ヘラルド映画 「片翼だけの天使」で”キネマ旬報主演女優賞を受賞。CD発売、ダイエット本発売と 多方面に活躍の場を広げる。90年代に入り、映画、テレビ、雑誌などで活躍する一方、 1993年12月に長女・夏子を出産。その後、イベントや講演会の出演、絵本の出版や ダイエットビデオの発売、TVバラエティー番組に積極的に出演するなど、女優業だけに とどまらずマルチに才能を開花させている。 また「元祖カープ女子」として、広島東洋カープを応援し続けている。 【主なメディア出演】 <テレビ> NHK   銀河テレビ小説「おおさか・三月(みつき)・三年(さんねん)」(1974年)     朝のテレビ小説「おはようさん」(1975年)「やんちゃくれ」(1999年)      「すみれの花咲く頃」(2007年)     土曜ドラマ「トップセールス 第5話」(2008年)     土曜ドラマ「神様の女房 全3回」(2011年)     BSプレミアム「そこをなんとか 第3話」(2012年)     連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(2016年) NTV 「太陽にほえろ!告発(第345回)」(1979年)     「地方紙を買う女」(2007年)     「笑点ドラマスペシャル初代林家木久蔵」(BS)(2019年)(2020年日本民間放送連盟優秀賞受賞) TBS 「社長になった若大将」(1992年)     「東芝日曜劇場 オトコの居場所」(1994年)     「東芝日曜劇場 その気になるまで」(1996年)     「嫌われ松子の一生」(2006年) CX  金曜プレステージ「鬼刑事米田耕作(2)~黒いナースステーション~」(2013年) KTV 「ホテルウーマン」(1991年)    「なめとんかやしきたかじん誕生物語」(2018年)(2019年東京ドラマアウォードローカルドラマ賞受賞) EX  土曜ワイド劇場「事件13」(2008年)     木曜ミステリー「京都地検の女2」(2009年)     「おかしな刑事スペシャル2」(2019年)     「特捜9 Season2 6話」(2019年)他多数出演 <映画> 「片翼だけの天使」(1986年 監督:舛田利雄) 「岸和田少年愚連隊」(1996年 監督:井筒和幸) 「十五才・学校Ⅳ」(2000年 監督:山田洋次) 「白ゆき姫殺人事件」(2014年 原作:湊かなえ/監督:中村義洋) 「写真甲子園~0.5秒の夏」(2017年 監督:菅原浩志)  他多数出演 <舞台> 「天璋院篤姫」(2010年) 観る朗読劇「100歳の少年と12通の手紙」(2012年) 「裏小路」(2013年) 「a live house~そこから星が見えますか?~」(2019年)  他多数出演 【受賞歴】 キネマ旬報主演女優賞(1986年 映画「片翼だけの天使」) 芸能人ネイルスタイリング大賞(2000年7月)

◎秋野暢子の著書

「秋野暢子の決定版 キレイにやせる本」(学研) 「たるまない女。になる」(青春出版社) 「スーパースマイルダイエット」(三栄書房) 「走ってみたい」と思っちゃう本(ベストセラーズ)
※ランクC(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:ライフスタイルの講演

  • 秋野暢子

    女優

    「生き生きと素直に生きる」

  • 今蔵ゆかり

    オフィスY’s room代表

    「職場の意識と行動が変わる!「整理力」と「伝わる力」を磨くコツ」

  • 中谷彰宏

    作家

    「アイデアがわき出る3つの方法」

  • 三屋裕子

    スポーツプロデューサー

    「生涯学習のあり方」