logo 桂枝曾丸

イメージ
講師名 桂枝曾丸(カツラシソマル)
肩書き 落語家
生 年 昭和43年9月12日
出身地 和歌山県和歌山市
講演ジャンル 和歌山、古典落語、医療落語、落語ワークショップ、裁判員制度落語、「和歌山のおばちゃん」
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「笑いとこころの健康」 「和歌山弁の伝え方」

◎経 歴

全国各地で独演会を意欲的に開催する一方、TVキャスターやコラムニストとしても活躍。 また、青少年育成事業や更生保護活動、または人権啓発活動など積極的に行う等、多彩な活動が全国的にも注目を集めている。 1968年 9月12日和歌山市に生まれる。 1987年 桂小文枝(故五代目文枝)に入門。「小味」すぐに「小茶久」と改める。 1998年 二代目桂枝曾丸を襲名。全国7箇所で襲名披露公演を行う。 1999年 より、同市出身の漫画家マエオカテツヤ氏との共作「和歌山弁落語」や新作人情ばなしの製作を手がけ地元、和歌山市での年に一度の独演会「わかやま芸品館」をスタートさせ発表し続けている。 2002年 南米アルゼンチンにて独演会を計6ヶ所で公演。 2004年 初の全国ツアーを開催。同年、法務省主唱「社会を明るくする大使」に生涯延任命を受ける。 2005年内閣府・青少年国民会議・和歌山青少年育成協会主催事業「枝曾丸おばちゃんのしょうもない大人になりたない」を和歌山市・田辺市で開催。 2006年 8月3日を「おばちゃんの日」として制定し記念イベントを開催。 2007年 10月日本BBS連盟発足記念式典(東京都)において皇太子殿下御臨席の下、「日本BBS連盟会長感謝状」を授与。 2008年 10月法務省主唱「社会を明るくする運動」において「法務大臣感謝状」を授与。 2009年 5月「和歌山県知事表彰」を受賞。 2010年 11月「和歌山市文化奨励賞」を受賞。 【レギュラー番組】 和歌山放送ラジオ「枝曾丸の全開!金曜日」 テレビ和歌山「5ch DO!」 テレビ和歌山「あの町この村ぶらり旅」

◎桂枝曾丸の著書

※ランクA(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:人を伸ばすために

  • 飯野耀子

    美容食スペシャリスト、ブランディングプランナー、日本ハーブ振興協会主席研究員、ComfieStone78プロデューサー、発芽玄米普及大使

    【合格への食卓】(受験に伴う食生活とメンタルケア、コーチング)

  • 栢木寛照

    比叡山麓三宝莚住職

    「感謝の心」「思いやりの心」

  • 大畠崇央

    『ディズニー流感動を生む企画の秘密』著者(元ウォルト・ディズニー シニアプロデューサー)・株式会社TSUTAYA ネットカンパニー サービス基盤推進ユニット長・上級マーケティング解析士

    「夢を叶える3つの魔法 キャリアデザインを考える」

  • 田崎真也

    ソムリエ

    「プロフェッショナルが目指すサービスの極意」 「サービスの極意」