logo 三遊亭歌之介

イメージ
講師名 三遊亭歌之介(サンユウテイウタノスケ)
肩書き 落語家
生 年 昭和34年
出身地 鹿児島県
講演ジャンル 落語、人生、感謝
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「感謝のプラス思考」 「積極前向き人生」  「心に響く笑いと涙の人生学」

◎経 歴

昭和53年 大阪市立汎愛(はんあい)高校卒業後、三代目・三遊亭圓歌(えんか)に入門。前座名、歌吾(うたご)。 昭和57年 二つ目昇進。三遊亭きん歌となる。住まいであったアパート「善兵荘」の廊下に140人のお客を集め落語会を行う。廊下での落語会は、業界初。 昭和58年 この年のフジTV「らくごin六本木」に最多出演。「田畑君」「松岡君」「一八君」「野間家の人々」「寿の春」などの新作でTV界デビュー。 昭和60年 若手演芸大賞最優秀二つ目賞を受賞。NHK新人落語コンクール入賞。 昭和62年 真打昇進試験に、新作「寿の春」で合格。先輩18人抜きで真打昇進。入門9年目で真打昇進の大抜擢を受ける。初代・三遊亭歌之介となる。 昭和63年 故郷鹿児島にて、ミニ独演会(一回30分)を一日14ヶ所で行う。 平成2年 鹿児島県より「さつま大使」の任命を受ける。 平成3年 国立演芸場 花形演芸大賞 金賞受賞。 平成6年 自身初の音源となる『爆笑120分 - ばっばんとデンキンタマ』を発表。続けて、『爆笑120分パート2』を発表。 平成7年 『歌之介らくごパート3』『歌之介らくごパート4』発表。ビデオ『歌之介です!」』発表。 平成13年 映画『ひっとべ』に出演。ビデオ『歌之介です!第二弾』発表 平成15年 CD『B型人間』発表 平成16年 CD『笑うたらいかんぜよ!!爆笑龍馬伝』発表。 平成19年 映画『北辰斜にさすところ』に出演 平成20年 映画『チェスト』に出演

◎三遊亭歌之介の著書

※ランクA(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:激動の国際情勢を読む

  • 小川和久

    国際政治・軍事アナリスト、NPO法人・国際変動研究所理事長、静岡県立大学特任教授

    「激動する国際情勢と日本の安全保障」

  • 志方俊之

    軍事アナリスト、帝京大教授、元自衛隊北部方面総監

    「『天災と人災』 - 国家の悲劇」

  • 斎藤直樹

    山梨県立大学国際政策学部教授、慶應義塾大学非常勤講師、神田外国語大学非常勤講師、日本国際フォーラム上席研究員

    世界大国を目論む習近平の野望と阻止を図るトランプの対峙‐新冷戦の勃発と展望

  • 森本敏

    前防衛大臣、安全保障スペシャリスト、拓殖大学総長

    「今後の国際情勢と日本の課題」