logo 桜金造

イメージ
講師名 桜金造(サクラキンゾウ)
肩書き コメディアン、俳優、ミュージシャン
生 年 昭和31年12月29日
出身地 広島県広島市
講演ジャンル 教養、人生
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「死の淵から生還を果たした男・桜金造の活きて輝く」 1975年 芸人としてデビューを果たし、その後コメディアン・俳優・怪談の語り手などとして活躍を続けてきた桜金造。 金造は、2013年2月に脳内出血を発症し、左半身マヒの後遺症が残る。 絶望感から電車に飛び込んで自殺することまで考えたが、家族の支えにより厳しいリハビリに耐えて、要介護3から要介護1にまで奇跡の回復を果たした。 そんな桜金造が、芸能界でのエピソードなどを面白おかしく振り返りながら、脳内出血の恐ろしさや予防法、介護される側の苦悩などを実体験に基づいて解説。 脳内出血から地獄のリハビリを乗り越え、奇跡の復活を果たした桜金造が「人生を活き活きと」「輝いて生き抜く」ための極意を語り尽くします。

◎経 歴

1956年12月29日 広島市生まれ、東京都杉並区荻窪育ち。 1975年 清水アキラ達と「ザ・ハンダース」を結成し芸能界デビュー。 その後、「アゴ&キンゾー」を結成。「お笑いスター誕生!」で10週勝ち抜きを達成。 「小山ゆ~えんち~」のギャグがヒットし、さまざまなバラエティー番組で活躍する。 アゴ&キンゾーを解散後は、俳優としても活躍。 伊丹十三監督映画「タンポポ」、「マルサの女」などヒット作に数多く出演。 1990年代以降は、NHK「コメディーお江戸でござる」で10年間座長を務め、怪談の語り手としても活躍の場を広げる。 2013年2月 脳内出血を発症し、左半身マヒの後遺症が残るが、家族に支えられながら壮絶なリハビリを乗り越えて復活を果たす。

◎桜金造の著書

※ランクA(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:逆境力、突破力

  • 沖田正午

    時代小説作家

    「どん底の人生また楽しからずや 逆転の底力」

  • 宮崎謙介

    元衆議院議員

    「しくじりを糧に人生を生きる方法」

  • せきけんじ

    作詞家 心理カウンセラー

    「人生を50歳から逆転する」

  • 今浪隆博

    元プロ野球選手

    「ケガや病気はマイナスではない、プロ野球を断念しても前向きに生きる」