logo 舞の海秀平

イメージ
講師名 舞の海秀平(マイノウミシュウヘイ)
肩書き NHK大相撲解説者、スポーツキャスター
生 年 昭和43年
出身地 青森県
講演ジャンル 相撲、人生、夢、挑戦、モチベーション
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「可能性への挑戦」 「土俵の矛盾」 「小よく大を制す」 「夢は必ずかなう」 【内容】 「可能性への挑戦」「小よく大を制す」などのテーマで話す講演は、大型力士と戦い続けた現役時代のエピソードや、挑戦し続けることの大切さ、また相撲界の舞台裏など、興味深い内容で好評を博している。 最近は相撲界で起こる様々な出来事から、相撲からの社会関係論や教育論、よき指導者に恵まれ、特に重要な4名の指導者との縁を踏まえた、教育論、指導論も学校関係の講演では語っている。

◎経 歴

日大相撲部で活躍。山形県の高校教師の内定が決まっていたにもかかわ らず、周囲の反対を押し切って夢であった大相撲入りを決意。新弟子検 査基準(当時)の身長に足りなかったため頭にシリコンを入れて新弟子 検査に合格。 1990年5月、大相撲 出羽海部屋入門。同月、初土俵(幕下 付出し)。 1991年3月、十両(四股名:舞の海)に昇進し、同年9月幕内 入りを果たす。角界最小の身体ながら、「猫だまし」、「八艘飛び」など ファンを驚かせる数々の技をくりだし、“技のデパート”の異名をとる。 1999年11月の引退までに、技能賞を5回受賞。現在はNHK大相撲解説者な どをつとめるほか、テレビ・スポーツキャスターとして幅広く活躍中。 2010年より近畿大学経営学部客員教授に就任。 1990年 5月大相撲 出羽海部屋に入門。同月、初土俵(幕下付出し)を踏む。 1991年 3月十両(四股名:舞の海)に昇進し、同年9月幕内入りを果たす。 1999年 11月引退 2000年 5月27日東京・両国国技館にて断髪式を行う 最高位:小結 三賞:技能賞5回受賞 生涯通産成績:385勝418敗27休 幕内通産成績:241勝287敗12休

◎舞の海秀平の著書

『はじめての大相撲』(岩崎書店) 『土俵の矛盾 ~大相撲混沌の真実~』(実業之日本社) 『小よく大を制す! 勝負脳の磨き方』(扶桑社) 『なぜ、日本人は横綱になれないのか』(ワック・マガジンズ WAC BUNKO) など
※その他(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:夢・挑戦の講演

  • 山﨑武司

    元中日・楽天プロ野球選手

    「挫折を乗り越えて」

  • 辻井いつ子

    ピアニスト辻井伸行氏の母

    「明るく、楽しく、そしてあきらめない生き方」

  • 坪田信貴

    坪田塾 塾長

    「目標の立て方、計画のつくり方、達成の仕方」

  • 小池絵未

    日本人初米国3大チアリーダー

    「夢への挑戦~NFL、NBA、NHL日本人初の3大スポーツチアリーダーとして~」