logo 小林さやか

イメージ
講師名 小林さやか(コバヤシサヤカ)
肩書き ウエディングアドバイザー
生 年 1988年
出身地 愛知県
講演ジャンル 教養、教育、子育て
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「児童、生徒の生きる道を育む」 知らないことを知るってこんなにも面白い!諦めないことの大切さを講演。 「映画ビリギャルの主人公が語る、こどもの能力を引き出す大人の在り方」 坪田先生にどんなアプローチをされ、どんなふうに気持ちが変わっていったのか? 「地域でつくろうみんなの学校」 学校、家庭、地域が三位⼀体となってこどもを教育していく必要性について実体験を交えながら講演。 「やってみなきゃわかんないっしょ」 中学1~3年の生徒と保護者の皆様へ「なにかを死ぬ気でがんばるという経験こそが、必ずあなたを⼤きくしてくれる」というメッセージを中心に講演。 ※対談も可能になります。

◎経 歴

1988年生まれ。愛知県出身。東京都在住。 坪田信貴著「学年ビリのギャルが一年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話」の主人公ビリギャル本人。 小学校のとき、内気で友達となかなかうまく付き合えない自分にコンプレックスを持ち「自分のことをだれもしらないところにいきたい」という動機で中学受験をし、中高大学一貫の私立中学に入学。 入学してすぐ勉強することを辞め、友達付き合いや部活に精を出したため、学力がみるみる低下し学年ビリに。 素行も悪く学校では問題児扱いを受け、校長先生には「人間のクズ」と呼ばれたことも。 中学3年のときに受けた無期停学のときの先生の対応がきっかけで大人に心を閉ざすようになる。 高校2年の夏、母のすすめで行った塾の面談で恩師坪田信貴先生と出会い、慶応義塾大学現役合格を目指すことに。 そのときの偏差値は全国模試で30以下。小学校4年生レベルの勉強からスタート。 坪田先生と二人三脚での1年半猛勉強のすえ、慶応義塾大学総合政策学部入学。 1年半で偏差値を40あげることに成功した。 卒業後は大手ブライダル企業に入社しウエディングプランナーとして従事。 自身も結婚をし、それを機にフリーに転身。 現在は、全国への講演活動をしながら、自身でも学生や親向けのセミナー等の企画もしている。

◎小林さやかの著書

「ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話」(KADOKAWA)
※その他(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:地域活性の講演

  • 岸博幸

    慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授

    「地域活性化の鍵~自身で考え創造・行動せよ~」

  • 北川正恭

    早稲田大学名誉教授

    「地域経済活性化 - 依存から自立へ -」

  • 木場弘子

    キャスター

    「魅力的なコミュニケーションで築く地域社会との繋がり」

  • 東国原英夫

    前衆議院議員、元宮崎県知事

    「地方の活性化が国を救う」