logo 百田尚樹

イメージ
講師名 百田尚樹(ヒャクタナオキ)
肩書き 小説作家、放送作家
生 年 昭和31年
出身地 大阪府
講演ジャンル 人生、夢、挑戦、モチベーション
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「五十歳を越えて作家になるということ」 「仕事に没頭し、年齢を重ねていく中、ふと心に浮かんだ過去の夢とは?」 「日本人の誇り」 ベストセラー作家・百田尚樹の場合、それは「小説家」だった。 さかのぼること約30年。 30歳を目前にして小説家を志した百田氏だったが、子供の誕生を機に小説の執筆を封印。 放送作家の仕事に打ち込むこととなる。しかし、50歳を前にして執筆再開を決意すると、 その後は『永遠の0』(太田出版)を始めとした話題作を次々と発表していく。 知命の年を前にして小説家を選んだ理由とは?年齢を重ねてからの挑戦とは?若い世代に残したいものとは? 放送作家としても活躍する百田氏が楽しく語る。

◎経 歴

1956年2月23日大阪出身 同志社大学法学部(中退) 大学在学中に『ラブアタック』に出演しみじめアタッカーの常連だった。 大学生活5年目で中退、その後放送作家となり『探偵ナイトスクープ』、『大発見!恐怖の法則』などの番組の構成を手掛けた。 妻はその時出演していたかぐや姫役の女性である。 2006年に『永遠の0』(太田出版)を発表し、小説家としてデビューした。 2009年『BOX』が第30回吉川英治文学新人賞候補、第6回本屋大賞の5位に選出され、映画化された。 2012年10月15日付けオリコンランキング文庫部門で『永遠の0』が100万部を突破し、現在では300万部を超える。また東宝による映画化が決定した。 2013年『海賊と呼ばれた男』で本屋大賞を受賞。 「たかじんのそこまで言って委員会」では「怒れるオッサン大賞」を受賞。

◎百田尚樹の著書

「永遠の0」(2006年8月太田出版/2009年7月講談社文庫) 「聖夜の贈り物」(2007年11月太田出版) 【改題】「輝く夜」(2010年11月講談社文庫)  収録作:魔法の万年筆/猫/ケーキ/タクシー/サンタクロース 「BOX!」(2008年7月太田出版/2010年3月太田出版【上・下】) 「風の中のマリア」(2009年3月講談社/2012年7月講談社文庫) 「モンスター」(2010年3月 幻冬舎/2012年4月幻冬舎) 「リング」(2010年5月PHP研究所出版) 「影法師」(2010年5月講談社/2012年6月講談社文庫) 「錨を上げよ(上)」(2010年11月講談社) 「錨を上げよ(下)」(2010年11月講談社) 「幸福な生活」(2011年6月祥伝社)   収録作品:母の記憶/夜の訪問者/そっくりさん/おとなしい妻/残りもの/豹変/生命保険/隠れた殺人・催眠術/幸福な生活 「プリズム」(2011年10月 幻冬舎) 「海賊と呼ばれた男(上)」(2012年7月 講談社) 「海賊と呼ばれた男(下)」(2012年7月 講談社) 「夢を売る男」(2013年2月太田出版) 【映像化作品】 ・映画 ボックス(2010年5月22日公開 配給:東宝 監督:李闘士男 主演:市川隼人) モンスター(2013年4月27日公開 配給:アークエンタテインメント 監督:大九明子 主演:高岡早紀) 永遠の0(2013年12月21日公開 配給:東宝 監督:山崎貴 主演:岡田准一)
※その他(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:夢・挑戦の講演

  • 山﨑武司

    元中日・楽天プロ野球選手

    「挫折を乗り越えて」

  • 辻井いつ子

    ピアニスト辻井伸行氏の母

    「明るく、楽しく、そしてあきらめない生き方」

  • 坪田信貴

    坪田塾 塾長

    「目標の立て方、計画のつくり方、達成の仕方」

  • 小池絵未

    日本人初米国3大チアリーダー

    「夢への挑戦~NFL、NBA、NHL日本人初の3大スポーツチアリーダーとして~」