logo 大前光市

イメージ
講師名 大前光市(オオマエコウイチ)
肩書き 片足のプロダンサー
生 年 1979年
出身地 岐阜県下呂市
講演ジャンル ダンス、人権、夢・挑戦、モチベーション
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「誰にでも輝ける場所がある」 左足を交通事故で失ったプロダンサー大前光市。 “両足が使えないダンサーは、ダンサーではない。”一時は、ダンサーとして終わりだと思われていた。 しかし、体の改造や義足の改良を続け、自分にしかできないダンスでプロとして返り咲くことができた。 昨年は、リオデジャネイロパラリンピック閉会式の舞台で、8万人の観衆を前にダンスを披露した。 両足で美しく踊ることが求められる場所もあれば、片足で自分にしかできない踊りを求められる場所もある。 自分だからこそ輝ける場所を探すことが大切。大前光市からのメッセージを伝える。 ダンサーを目指すまで、事故で足を失ってから、リオでの裏話、日々のトレーニングのこと、体の使い方のコツなどをダンスを交えお話致します。

◎経 歴

1979年、岐阜県下呂市に生まれる。 大阪芸術大学で、クラシックバレエを堀内充(ほりうちじゅう)に師事。本格的なコンテンポラリーダンスのテクニックや振付のメソッドについても学ぶ。卒業後、プロのダンサーとしてスタートを切った24歳の時、交通事故で左膝下を切断。片足でも踊り続けるため、ヨガや武道、新体操など幅広いジャンルの動きを習得。さらに表現に合わせて、長短様々な義足を使い分けることで、世界に二つとないダンススタイルを築く。 2009年セルリアンタワー能楽堂の定期公演では、世界的ダンサーで振付家のアレッシオ・シルヴェストリンの作品で、能楽師・津村禮次郎(つむられいじろう)と共演。片足でも魅せられるダンサーとして広く知られるようになる。 2010年、全日本洋舞協会合同公演で、舞踊作家部門新人賞および大阪府知事賞を受賞したのを皮切りに、様々なコンクールや舞台で活躍。そのダンススタイルだけではなく、特に表現力において高い評価を得ている。新国立劇場バレエ団でプリンシパルとして活躍したマイレン・トレウバエフは「彼ほどにたくさんの色を持ち、白黒だった振り付けを彩り豊かに表現してくれるダンサーはいない」と称する。近年はタリンやプラハなど、伝統ある海外の舞台にも招かれている。 2016年リオデジャネイロ・パラリンピックの閉会式で、東京大会へ引き継ぐセレモニーに出演。8万人の観衆を前にダンスパフォーマンスを披露し、注目を集めた。 【 主な受賞 】 2008年 9月 中野国際洋舞コンクールにて入賞1位 2008年10月 DANCE COMPLEX2008にて優勝 2010年 6月 全日本洋舞協会合同公演(なにわ芸術祭)にて、舞踊作家部門新人賞、大阪府知事賞、       大阪市長賞を橋下徹より授与される 2013年12月 あきた全国洋舞祭モダンダンスコンクールにてあきたこまち賞(4位)を受賞 2014年 3月 DCアワードにて審査員特別賞(最優秀賞)を受賞 2015年 8月 中野国際洋舞コンクールにて第2位受賞 2015年 8月 北九州&アジア洋舞コンクールにて第1位及び福岡県知事賞を受賞 2016年 2月 Dance Competition in 仙台にて モダンダンス第1位、       及び宮城県知事賞・河北新報社賞・チャコット賞を受賞

◎大前光市の著書

※ランクA(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:経営の講演

  • 片桐秀和

    コ・クリエーション株式会社代表取締役社長

    「客様満足は企業からだけでは創れない!」

  • 小菅正夫

    元旭山動物園園長

    「旭山動物園革命-夢を実現した復活プロジェクト-」

  • 中井政嗣

    千房株式会社代表取締役

    「お好み焼日本一の感動経営-無印人間でも社長になれた「成功者より成長者になれ」-」

  • 中田康雄

    株式会社中田康雄事務所代表取締役

    「戦略とは戦わずして勝つこと」