logo かづきれいこ

イメージ
講師名 かづきれいこ(カヅキレイコ)
肩書き フェイシャルセラピスト、「REIKO KAZKI」主宰、リハビリメイクの第一人者、歯学博士
生 年 昭和27年
出身地 大阪府
講演ジャンル 美容、健康、子育て
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

講話のみもしくは講話+メイクデモ 「リハビリメイクの及ぼす効果」 「メイクの力―元気になるメイク」 「女性の美しさ - 内面からの美」 「歯の健康を保とう」 「歯と美容の関係」 「男性のスキンケア」 「“男の良い顔”のつくり方」 講演+聴講者参加型メイクレッスン(専属講師担当)も好評!

◎経 歴

生まれつき心臓に穴が開いていたために、冬になると“顔が真っ赤”になる悩みを持っていたが、30歳の時に手術し完治。それを機にメイクを学び、活動を開始。老人ホーム等へのメイクボランティアにも力を注ぐ。 医療機関と連携し、傷ややけど痕のカバーや、それに伴う精神のケアを行う「リハビリメイク」を実施する組織を作り、また一般の方を対象にした「かづきメイク」を全国カルチャーやREIKO KAZKI各サロンにて、レッスンを教える講師の育成に力を注ぐ。 学会誌にリハビリメイクに関する論文を発表し、メイクの価値を高めるための活動にも力を注いでいる。 1973年 金蘭短期大学英文科卒業。 1987年 朝日カルチャーセンター芦屋にて講師活動をスタート 1995年 東京にてリハビリメイクの研究を始める。 2000年 新潟大学歯学部にて非常勤講師就任。 2001年 新潟大学大学院歯学部矯正科(現・医歯学総合研究科)入学。 2004年 東京女子医科大学にて非常勤講師就任。また、附属の女性生涯健康センターにリハビリメイク外来が開設される。 2005年 新潟大学大学院修了。歯学博士となる。日本医科大学大学院医学研究科入学。 2006年 大阪市立大学大学院医学研究科形成外科学、広島大学歯学部非常勤講師就任。 2007年 早稲田大学感性領域総合研究所にて客員教授、新潟大学歯学部にて臨床教授就任。       日本歯科大学新潟生命歯学部歯科矯正学講座非常勤講師 2009年 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 非常勤講師

◎かづきれいこの著書

「若さの説明書 メイク以上×整形未満」(幻冬舎) 「日本人の顔のつくりかた」(PHP研究所) 「自分の顔が好きですか?」(PHP研究所「心の友だちシリーズ」) 「素肌もぐんぐんきれいになる!魔法の「かづきメイク」テクニック100」(主婦と生活社) 「かづきれいこのリハビリメイク化粧学」(法研) 「えがおって、かわいいね」(PHP研究所)-絵本 「かづきれいこの幸せ顔になれるメイク!」(大和書房) 「リハビリメイク 生きるための技」(岩波アクティブ新書) 「顔力(がんりょく)」(ワニブックス) 「メイクセラピー」(筑摩書房)   他多数
※その他(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:地域活性の講演

  • 岸博幸

    慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授

    「地域活性化の鍵~自身で考え創造・行動せよ~」

  • 北川正恭

    早稲田大学名誉教授

    「地域経済活性化 - 依存から自立へ -」

  • 木場弘子

    キャスター

    「魅力的なコミュニケーションで築く地域社会との繋がり」

  • 東国原英夫

    前衆議院議員、元宮崎県知事

    「地方の活性化が国を救う」