logo 林家ひろ木

イメージ
講師名 林家ひろ木(ハヤシヤヒロキ)
肩書き 落語家・津軽三味線奏者
生 年 1979
出身地 広島県
講演ジャンル
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

◆ 「笑いと健康」  前半は講演形式で、笑いと健康の関係を、医学な的な視点と落語家としての視点の両方から お話しします。  ためになるだけでなく、師匠・木久扇や先輩後輩の面白いエピソードを盛り沢山にして、  とにかく楽しい時間にします。 後半は、健康をテーマにした落語と津軽三味線の演奏も行い、会場を盛り上げます。 ◆「落語から学ぶ防災術」  落語が生まれた江戸時代は、今のように防犯・防災の技術や環境が整っていませんでした。 その中で、江戸の人々はどのように災害から身を守ったのか?落語の視点からお話ししま  す。堅いテーマですが、楽しい話も沢山入れて飽きない内容です。また、今日からすぐでき る、身近な防災術もお伝えします。  後半は、防災に関する落語と津軽三味線の演奏で会場を盛り上げます。 ◆「落語から学ぶコミュニケーション術」  前半は講演形式で、落語家になってから学んだコミュニケーション術  (礼儀、気配り、サービス精神、笑いなど)を面白ろおかしくお伝えします。  後半は、コミュニケーションに関係した落語と津軽三味線の演奏で会場を盛り上げます ◆「師匠・木久扇から学んだ全て」  「よく笑う人、人生の達人」これは、師匠である木久扇が色紙に書く言葉です。  笑いは健康やストレス発散だけでなく、面白い事を発見する能力、考えを切り替える力、  コミュニケーション能力など、様々な力を身に付ける事ができます。前半の講演では、  師匠から学んだ明るく人生を生きるコツを、笑い沢山の内容でお伝えします。  後半は、落語と津軽三味線で会場を盛り上げます 他に「木久扇から学んだ教育論」も講演できます。

◎経 歴

◎学歴:2002年3月 早稲田大学人間科学部卒業 ◎芸歴 ・2002年4月 林家木久蔵(現・木久扇)に入門 ・2002年9月 前座となる。 ・2004年10月 故・太田家元九郎に入門し、津軽三味線を始める。 ・2005年5月 二つ目昇進 ・2017年3月 真打ち昇進 ・現在、落語と津軽三味線の二刀流として、全国で活躍中。 ◎主な活動履歴 2011年 ・NHK「演芸図鑑」出演 ・国際交流基金主催「ドイツ・オーストリア公演」出演 ・国際交流基金主催「韓国公演」出演 2015年 ・BS笑点「若手大喜利」出演 2018年〜2020年 ・三年連続で、浅草演芸ホール昼の部主任を務める。 ・BS演歌祭りにて、五木ひろしさんのバック演奏を武道館にて行う他、ディナーショーでも演奏も多数。 ◎受賞歴 2012年、2015年 ・さがみはら若手落語家選手権 決勝進出 ■実績 2017年 ・高知県での防犯イベントの講演60分 ・千葉県での生涯学習のイベント 「人生の達人・木久扇から学んだ全て」90分 2018年 ・広島県での市民大学イベントにて 「落語から学ぶコミュニケーション術」90分 ・横浜市栄区での防災イベントの講演60分 2019年 ・広島、岩手、埼玉にて、経営者向けの講演「笑いと健康」90分

◎林家ひろ木の著書

2009年9月〜2017年6月 全国賃貸住宅新聞社にて「賃貸小話」を毎月連載。
※ランクA(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:コミュニケーションの講演

  • 香山リカ

    精神科医、立教大学現代心理学部映像身体学科教授

    「よりよいコミュニケーションとは?」

  • 齋藤孝

    明治大学文学部教授

    「人間関係をつくるコミュニケーション力」

  • 佐藤まり江

    フリーキャスター

    「私もお客様もHAPPYになるコミュニケーション法」

  • にしゃんた

    羽衣国際大学教授、タレント

    「共に笑う~新時代のコミュニケーション~」