logo 林望

イメージ
講師名 林望(ハヤシノゾム)
肩書き 作家、東京芸術大学音楽学部助教授
生 年 昭和24年
出身地 東京都
講演ジャンル 日本書誌学、近世文学
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「日本語論」 「住宅論、住宅設計の思想について」 「男女共同作業のすすめ・家族論など」 「読書・学問論」

◎経 歴

昭和49年慶応義塾女子高校非常勤講師、55年東横学園女子短期大学専任講師。 60年助教授を経て、平成5年東京芸術大学助教授に就任。 11年退官。この間、昭和59年ケンブリッジ、オックスフォード両大学訪問研究員、61年ケンブリッジ大学客員教授。 全欧州所在日本古典籍総目録編纂プロジェクト主幹も務めた。能楽解説も多数執筆。 また平成3年「イギリスはおいしい」で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞。 「源氏物語」の現代語訳に取り組み、22年「謹訳 源氏物語」(全10巻)の刊行を開始。

◎林望の著書

『イギリスはおいしい』(文藝春秋)(講談社インターナショナル英訳『England is delicious』) 『イギリスは愉快だ』(文藝春秋) 『ホルムヘッドの謎』(文藝春秋) 『ケンブリッジ大学所蔵和漢古書総合目録』(P・コーニツキと共著、ケンブリッジ大学出版) 『書誌学の回廊』(日経新聞社、講談社文庫『書物探偵帖』) 『林望が能を読む』(青土社) 『すらすら読める風姿花伝』(講談社) 『能は生きている』(集英社) 『これならわかる能の面白さ』(淡交社) 『古今黄金譚 古典文学糞尿物語 』(平凡社) 『往生の物語 死の万華鏡『平家物語』』(集英社) 『恋の歌、恋の物語 日本古典を読む楽しみ』(岩波書店) 『すらすら読める土佐日記』(講談社) 『子育てノート』(徳間書店) 『恋せよ妻たち』(小学館、中国語訳あり) 『帰宅の時代』(新潮社) 『書斎のある暮らし』(光文社) 『知性の磨きかた 知性論』(PHP新書) 『へそまがり日本語講義』(PHP新書) 『芸術力の磨きかた』(PHP新書)   その他多数
※ランクB(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)
  • 池上淳子

    管理栄養士

    「美白・シミに効果的な栄養講座」

  • 田崎真也

    ソムリエ

    「家庭の食育・学校の食育」

  • 土井善晴

    料理研究家

    「子供たちの輝かしい未来を作る食事」

  • ヨネスケ

    タレント、落語家

    「晩ごはんから見る日本の食文化」