logo 藤田宗一

イメージ
講師名 藤田宗一(フジタソウイチ)
肩書き プロ野球元日本代表
生 年
出身地 京都府
講演ジャンル 野球、人生、モチベーション
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「結果を出し続けるチカラ~私の野球人生とその後~」 「モチベーション維持」 「セカンドキャリア」などのテーマを中心に展開する。 緊迫した場面で結果を求められる「中継ぎ」で連続救援登板の日本記録を打ち立てるまでに高められた身体とメンタルの双方の強さと、その心身の維持の秘訣をお伝えする。その他、野球教室での技術指導など。

◎経 歴

長崎県の私立島原中央高等学校を卒業後、社会人野球・西濃運輸硬式野球部に入部。 1996年社会人野球日本選手権大会準優勝、翌年都市対抗野球大会ベスト8入り等に貢献し、1997年のプロ野球ドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから3位で指名されて入団。 ルーキーイヤーの1998年4月4日の近鉄戦の8回に初登板。4月11日の西武戦で初セーブ、5月4日の西武戦で初勝利を記録。同年はチーム2位の7セーブを挙げる。 1999年は65試合登板でリーグ最多試合登板。以後中継ぎを担うことになる。 2000年に70試合登板で2年連続最多試合登板。最多ホールドのタイトルを獲得。 2005年、ロッテの勝利の方程式「YFK」の一角として31年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献。 2006年、WBC日本代表に選ばれ、優勝メンバーとなる。 2007年、連続リリーフ登板が512試合連続となり、パ・リーグ新記録を達成(初登板から500試合連続リリーフ登板は史上初)2008年、日本記録となる527試合連続救援登板を達成。 2012年、ベースボール・チャレンジ・リーグの群馬ダイヤモンドペガサスに選手兼任投手コーチ補佐として入団。 2012年9月13日に今シーズン限りでの引退を発表し、同日に行われた福井ミラクルエレファンツ戦を最後に退団。 2012年、引退後、東京・赤坂に焼きゅう豚「繁」を開店、同店のオーナーに就任。

◎藤田宗一の著書

※ランクA(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:経営の講演

  • 片桐秀和

    コ・クリエーション株式会社代表取締役社長

    「客様満足は企業からだけでは創れない!」

  • 小菅正夫

    元旭山動物園園長

    「旭山動物園革命-夢を実現した復活プロジェクト-」

  • 中井政嗣

    千房株式会社代表取締役

    「お好み焼日本一の感動経営-無印人間でも社長になれた「成功者より成長者になれ」-」

  • 中田康雄

    株式会社中田康雄事務所代表取締役

    「戦略とは戦わずして勝つこと」