logo 春風亭小朝

イメージ
講師名 春風亭小朝(シュンプウテイコアサ)
肩書き 落語家
生 年 昭和30年
出身地 東京都
講演ジャンル 落語、人生、健康
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「春風亭小朝の人生笑談」 「健康万歳!!」

◎経 歴

昭和45年、春風亭柳朝に入門、昭和55年25才で真打昇進。 落語以外にもドラマ、クラシック音楽、ジャズと様々な活動を展開している。 年間200回を超える独演会、講演会を行い、特に歌舞伎座三夜連続、銀座博品館劇場30日間連続独演会、その他新橋演舞場、京都南座と大劇場での公演を多く企画する。 平成9年10月11日には落語界初の日本武道館での独演会を開催。超満員のお客様を集め、大作を2席口演し大好評を博す。平成15年6月、新宿コマ劇場の「恋や恋浮かれ死神」では落語家初の座長公演を行う。また、平成15年2月に笑福亭鶴瓶、林家正蔵、春風亭昇太、立川志の輔、柳家花緑と落語界の活性化と落語の普及を目指し、落語ユニット「六人の会」を結成。この会は平成16年より20年まで、落語界始まって以来のイベント<大銀座落語祭>を銀座で開催した。毎回東西の落語家、色物、お笑い芸人が所属する各団体・一門を越えて多数出演し、現在の落語ブームに大きな影響を与えた。現在も落語の将来を見据えながら、その魅力を伝えるべく精力的に全国で落語公演を行っている。名実ともに、現在の落語界を支える中心人物のひとりである。 【これまでの主な受賞歴】 昭和56年 1月「放送演芸大賞」受賞 昭和59年 12月「第39回芸術祭優秀賞」受賞 昭和61年 3月「第36回芸術選奨文部大臣新人賞」受賞 昭和63年 3月「ゴールデンアロー賞芸能部門賞」受賞 平成8年 12月「第13回浅草芸能大賞」大賞受賞

◎春風亭小朝の著書

「言葉の嵐」(筑摩書房) 「苦悩する落語」(光文社) 「今、胎動する落語」(ぴあ)
※ランクC(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:作家・タレントの講演

  • 中谷彰宏

    作家

    「リーダーを育てる3つの方法」

  • 百田尚樹

    小説作家、放送作家

    「日本人の誇り」

  • 山田五郎

    編集者・評論家

    「魅力ある街ってどんな街?」

  • ヨネスケ

    タレント、落語家

    「晩ごはんから見る日本の食文化」